子どもの早起きをすすめる会 早起きサイトは、現在の日本の子どもたちの睡眠覚醒リズムに焦点をあて
子どもたちをとりまく生活環境を改善するための情報交換サイトです

EnglishChina
TOPページへ講演依頼・取材依頼基礎資料・エビデンス

子どもの早起きをすすめる会

発起人の紹介

神山 潤

おはようございます。神山です。早いもので、医者になってもう23年です。
睡眠には学生の頃から興味がありましたが、直接のきっかけは、医者になって2ヶ月目に睡眠ポリグラフィーという検査に立ち会ったことです。刻一刻と脳波や眼や筋肉や呼吸や心臓の動きが変化するレム睡眠をこの検査ではじめて見たときにはビックリしました。
その後いろいろな病気のお子さんでこの検査をさせていただきましたし、またこの検査の意味するものを知ろうと、米国で動物実験をしたりもしました。
帰国後は、それまであまり気づくことはなかったのですが、日本の小さな子どもたちがとても宵っ張りなことにビックリしました。それが私とこの会とのつながりのはじまりです。仲間の先生の奥様が保健婦さんであったことをきっかけに、保健所や保育園などで子どもと身近に接している方々と接する機会が増え、睡眠や生活リズムについての基本的なことをより多くの皆様に知っていただくことが大切と考えるようになりました。こんなとき、医者になりたての頃から勉強させていただいていた瀬川小児神経学クリニックで、星野先生や鈴木先生とお目にかかり、意気投合し、この会の結成となったわけです。
「早起きは三文の得」の根拠を科学的にわかりやすく説明し、皆様にわかっていただき、一人でも多くの方に実践していただきたいと考えています。そうすることで、今の子どもたちが将来、その能力を思う存分発揮できるようになるものと私は信じています。
(東京ベイ・浦安市川医療センター センター長 医学博士)
神山先生の著書リストはこちら
神山 潤 公式サイト



鈴木 みゆき

東京生まれ。保育者養成の傍ら、幼稚園・保育所で子どもと遊ぶ手遊び・リズム遊びの創作を手がけています。
NHK「みんなのうた」、「あかあさんといっしょ」、「TV絵本」、「すくすく赤ちゃん」等にも詞を提供。
雑誌やTVなどで、育児相談も担当。
このところ、幼稚園、保育所での親向け、教員研修会に招かれる機会も多く、子育て支援の中で、生活リズムの大切さを話していけたらと考えています。家庭では、3児の母。一人目には厳しすぎたかな、二人目には目が行き届かなかったかな、三人目には甘すぎたかな…と反省しつつも、楽しんでいます。
保育者向けの雑誌としては「ピコロ」(学研)、「保育ぷらん」(チャイルド社)「HOIKUSENKA](フレーベル館)に、乳児の遊びやカリキュラムを連載中。
(日本音楽著作権協会正会員/和洋女子大学人文学群こども発達学類教授 医学博士)
鈴木先生の著書リストはこちら
音楽を使ったコミュニケーションの効用



星野 恭子

出身:東京、渋谷。田園調布雙葉学園卒。
平成2年東邦大学医学部卒業。東邦大学第一小児科学教室入局。
東邦大学大森病院小児科にて2年間研修の後、聖ヨゼフ病院小児科(神奈川県横須賀市)、東邦大学佐倉病院小児科勤務。横浜療育園、東海大学児童精神科、伊豆逓信病院小児リハビリテーション科にて研修。
平成8年 東邦大学第一小児科助手。
平成12年 瀬川小児神経学クリニック常勤。
専門分野 小児内科、小児神経科、児童精神科
埼玉医科大学総合医療センター 小児科 医学博士

2010年7月より、和歌山県田辺市 南和歌山医療センター小児科に勤務。
現在、和歌山県在住。
月2回は、東京 瀬川小児神経学クリニック、埼玉医大総合医療センター小児科、朝霞台中央病院小児科の外来を担当。
年3回、静岡県藤枝市立総合病院小児神経外来を担当している。
相談

トップページ
ニュース&トピックス
早起きサイトの活動記録
イベント情報・講演活動のお知らせ
イベント報告ページ
神山先生の動画で解説コーナー
子どもの早起きをすすめる会の概要
早起きコーディネーターとは?
早起きコーディネーターのご紹介
早起き・早寝に関するQ&A
関連資料ダウンロード
エビデンス・論文等(学問の扉)
指導者向け教材資料サイト
早起きサイトへのお問合せ
関連書籍
瀬川先生 追悼ページ


TOPページへニュース&トピックス活動記録イベント・講演活動会の概要
早起き早寝・地域の取組み早起き・早寝Q&A関連資料ダウンロードエビデンス・論文等
お問合せ関連書籍
子どもの早起きをすすめる会

Copyright 子どもの早起きをすすめる会. All Rights Reserved.